プロフィール

あせちる・こりん

Author:あせちる・こりん
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サイコンのとりつけを長男ゆうまに頼んだら、
2Fのリビングで付け替えて、そのまま自転車をリビングに置きっぱなしにしてました。

帰宅したあせちるさん、
「あれ?なんで2Fにあるの?」
「あ!ゆうまだな~。なんか俺のパーツとっただろ~?!」

・・・
全然気付かないあせちるさん。

しばらくして、
「なんじゃこりゃ~~~!!?」
「なんで?」
「ゆうまが誰かから借りたの?」
「俺のに付けて実験してんの??」

と大騒ぎ\(゜ロ\)(/ロ゜)/

と、ここで種明かし♪

すっかりテンション

ですが、
その後、新しいおもちゃに夢中になってしまったあせちるさん。
相変わらず私の話は聞いてくれません・・・
スポンサーサイト
1月の大会で周回数を間違えて、最後のアタックに乗り遅れたあせちるさん。
かなり落ち込んでました。
その後も、
「もう自転車乗らない。」
なんて、らしくないし、私の話も聞いてくれないし、練習相手にもなってくれない。

そういえば、donさんが富士チャレの時、
「これって、周回数カウントしてくれるんだぜ」
って言ってたサイコンがあったなぁ。。。

練習会の時、maipapaさんに聞いてみました。
おぉ!maipapaさんのもそれ?!
聞けば個人輸入したとか・・・。

どうやってやるの?
「ら・く・て・んって検索すれば買えるの?」
と聞いたところで、80000さんが、
「代わりに個人輸入しましょうか?」
と親切にも、手配してくれることになりました。

おぉ!80000さんのも例のそれじゃないですか!?

くれぐれもあせちるさんには言わないでね。

って事で、mixiのメッセージで連絡をとることにしたのですが・・・。

なぜかそのメッセージが普通にPCメールにも送られていて、
あせちるさんにも見られそうな状態になっているではありませんか!!

しかもその内容が、
「例の件ですが、今日手配しました」
とか、
「ブツが手に入りました」
とか、
「受け渡しはどうしましょう?」
とか、

めちゃめちゃやばそうな内容で・・・

ま、無事にブツの受け渡しも完了し、バレンタインまでこっそり隠しておきました。

80000さんから、
「こっそりつけかえておいたら楽しいかも」
と言われて、その提案を頂き、こっそりつけかえておきました。

あとは、あせちるさんが気付いた時の反応が楽しみです♪
2年前から、他店舗の元陸上部の社員と「出られたらいいね」と言っていた大会です。
10年前、やっぴーと二人で走り始めて、周りに声をかけ続けて、段々仲間が増えてきて・・・
さらにはチームTシャツもオーダーし、応援の旗(こちらは手作りですが)も作成しました。

今回は男子、女子各1チームエントリーしました。
ノッタチームでも1チーム組んで、巻き込んでしまいました。

kuroちゃんが私と同じ第1走者ということで、
一緒に自転車を中継所まで置きに行って、走ってスタート地点まで戻ろうという計画でしたが、
中継所の下見をしていなかったのと、なんだかんだで時間がなくなり、
結局西八王子駅付近の駐輪場にとめることに。
でも、kuroちゃんに言われて気がつきました。
お金を1円も持ってない。。。
駐輪場のおじさんに後払いでも良い駐輪場を教えてもらい、無事スタートには間に合いました


今回、選手以外でもサポーターとして、休みなのに、自分は走らないのに、
朝から付き合ってくれるという社員さんが多数来てくれました

それだけでも感動なのに、
普段は「駅伝なんて興味無いっすよ」って言っていた他店舗のある社員が、
前日に、「打ち上げだけ参加します」と連絡をくれました。

そして当日、
スタート地点に「打ち上げだけ・・・」のはずの彼が応援に来てくれました!

スタート直前、前方にやたらとでかい人が私たちのチームTシャツを振っている!
と思ったら、事務長さんでした。
そのそばには、「ゴールだけ見に行くね」と言ってた事務さんが、
娘さんと手作りの旗を振ってくれてました。

寝たのが午前3時という事務さんも、ほとんど寝ずにかけつけてくれて、
1日中ちびまると一緒にサポートしてくれました。

もう、スタート前から泣きそう

必死で走って、第2走者のIさんへ・・・
やっぴーさんが突然のぎっくりで、急きょ補欠だったIさんが走るはめに。
でも、思いがけず大喜びのIさん。
どうやら走りたかったけど、自信が無いから自分からは言い出せなかったみたい

走り終わった後は、kuroちゃんとまずは駐輪場へ。
「道はよくわかんないけど、方角的にこっちな気がする」
という私に、
「いや、今は冒険は止めて元来た道で行きましょう」
という冷静なkuroちゃん。
ありがとう。
おかげでちゃんと自転車で、みんなのゴールに間に合いましたね!
3チームとも、見事襷をつなぐことができて、大満足♪

ただ、やっぱり残念だったのは、あの甲高い声で、
「こりん~~~!」
って呼ばれなかったこと。

あの声が無いと、実力以上の走りは出せないことに気がつきました。
次回は絶対やっぴーに襷をつなぎたいよ~!

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。